December 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

コルセットのせいで下腹がぽっこり!

悲しいコルセットを着けると下腹がぽっこりして困ってます。悲しい

っていうご相談をよく頂きます。

コルセットを着けると腸が移動して下腹がパーンとなっていまうのは仕方ない部分がありますが、

他に、コルセットを着けて、後ろの編み上げをぎゅっとすると、

背肉、下腹、腰肉、はたまたバストとコルセットの間に...と、

コルセットからはみ出てる部分のお肉がプニっとなったり、おなかが出たりしちゃいます。

これをマシにするには、ボディスーツ、ガードルなどの、体のお肉を抑える能力があるインナーが効果的です。

おトイレなどはちょっとメンドクサくなっちゃうんですが、お肉の段差具合がかなり違いますよグッド

!それでも尚気になる悲しい

これはもう、減量やトレーニングをがんばるしかありません!!

特にお腹は、コルセットを着けてる間も常に力を入れてるように心がけましょう。(グっとひっこめるように意識します。)

最初はつらいです。でも、慣れてくると無意識のうちに力入っちゃいますよ。

これを日常的にやってると、特に腹筋をこなさなくても筋力がアップします。

腹筋が割れるほどにはならないと思いますが、見て引き締まった感じにはなりますよ。

同じサイズダウンするなら、引き締めながら目指しましょうおはな

そんな管理人はすごく太ってプニプニが増えましたので、お手本になれるよう頑張らなければ撃沈

しかし、ホントにおなかに力入れて生活するのは効果あると思いますよ!

子供の頃、母親に「おなかに力を入れて姿勢を正しく」するよう教育され、「力入れないといけないもの」だと思い込んでたんです。

その結果、腹筋だけは太っても衰えません。肉の下にカッチカチが潜んでます。

あとは...減量して肉を減らすしか無いです。皆さんと一緒にがんばりまーすジョギング

体型別コルセット選び【肋骨締めたい!】

しっかりしたボーンが入った輸入コルセットは、ウエストのサイズダウンだけでなく、肋骨もある程度矯正できます。
肋骨はウエスト以上に個人差があって、ウエストが細くなるのと一緒に、1ヵ月後には肋骨(アンダーバスト)も5cm狭くなった!という方もいますし、私のように2年間着け続けて2cm弱しか狭くならない人もいます。
大きく数値の差が出る方は大幅なダイエットにも成功されたのかもしれませんが、男性は女性に比べてウエストも肋骨も締まりやすいそうです。
お客様のお話をお聞きしていても確かに男性はめちゃくちゃ締めて着られてる方が多いです。
でも肋骨なんて骨自体を運動で狭めるわけにもいかないし、2年間で2cm弱だって、かなり大きな違いがあると思うんです。
見た目の印象は、肋骨2cm狭いと実際かなり違いますよ〜。
アンダーバストコルセットでウエストを締めていたら、ある程度その上のあたりの肋骨も締まっては来るかもしれません。
でも、きっと肋骨広いのを気にしている方って、バストのすぐ下の肋骨が一番気になってると思うんです。
ここが広いと、たくましい印象になっちゃうんですよね汗
肋骨広い方ってそれに伴って肩幅も結構あるんじゃないでしょうか。
管理人の体型はそのものです。。。今まで重そうな荷物持っていても「大丈夫!?」って助けてもらったこと無いですよ撃沈
肋骨を狭く矯正したい場合、まずコルセットの丈が肋骨に届かなければ締められません。
そんなお悩みを持つ方へは、

さくらんぼAxfordsならば
【アンダーバストコルセット】
☆C220
☆C229

☆C230
☆C235
☆C240
☆C315
☆C410

【オーバーバストコルセット】
どれでもOK!

です。本当は、肋骨に関して言えばオーバーバストコルセットのほうが着け心地が良いんです。
アンダーバストコルセットは前後左右からしっかりぎゅうっと縛られているので、肋骨が軋むカンジで痛いんです悲しい
これは締め具合で調節して、痛くない程度にして着るしかないのですが、はっきり言って肋骨がたくましい人にとってはウエストよりも肋骨が厳しいですね。。。
そして実際はバストの下までしか丈が無いわけですから、バストサイドの肋骨はダイレクトには押してくれないんです。
それが、オーバーバストコルセットだと、バストのカップ部分=フロント側からの圧力が無く(もちろん、バストを押す圧力はあるのですが)、さらにサイドからはしっかりサポートされてる状態なので、まさに肋骨を、しかもバストの真横から押してくれてる状態なんですね。
ただ、やはりオーバーバストコルセットにはバストのフィット感の問題が付きまといます。
綺麗にフィットする方は本当にラッキーよつばのクローバー
バストのかたちやサイズによって、綺麗に納まらない方はカットソーなどへ余分な皺などが響いてしまって気になることでしょう。
それならば、バストの部分がくりぬかれた

☆C120

なんかは普通のアンダーバストコルセットと比べれば、フロントの裁断が変則的なので比較的苦しくないですチョキ
管理人の場合は昼間はアンダー、寝るときオーバーバストコルセットにしてます。

あと、お勧めなのがRevancheのアンダーバストコルセットですup
このメーカーはウエストから肋骨へかけてのカーブが急(?)に裁断してありますので、ウエストを締めて肋骨は若干緩めて着けたい方へはぴったりのスタイルです。
力任せにぎゅうぎゅう締めたからといって矯正が確実になるというものではありません。
お身体にご無理の無い程度に、毎日継続して着用することが重要ですおはな
締めたい部分に軽い圧力でも「コルセットの存在」を感じていることが大事なんですよー。
肋骨を視野に入れてご検討されている方はご参考にされてください赤りんご

フガーご注意プシュー
オーバーバストコルセットであれば苦痛が一切無くサイズダウンできるわけではありません。
しっかり頑丈なコルセットで体を締めているわけですから、何もつけていない状態よりは動きも制約されますし、我慢も必要です。
コルセットはサイズダウン(補正、矯正)のお手伝いはしますが、着けるだけで「痩せる」ものではありません。

アバラ!

助骨の矯正にコルセット着けられてる方も多いですね。
助骨の矯正=助骨広い=骨太だったりして、
実際ウエストよりも骨が痛い!!っていうのが悩みです。
というか、私のことなんですが。
助骨がきしむ感じ...

Revanche/M420-satin/schwarz(サテン)27,800円(内税)

最近普段使い(矯正用)のアンダーバストコルセットを、
Axfords C220からRevanche M420に乗り換えました。
C220よりサイドが短いので、本当は助骨!って思ったら、
もう少し長いM410なんかがいいのですがサテンの黒が自分的に便利なのでM420にしました。

アバラーの皆様に朗報ですよ。いいですよ。コレは本当に。
なんというか、”あたり”が優しいのです。
使っているボーンの違いか、裁断の違いか、ここちよいのです。
長時間の着用や、寝てるときの感覚もAxfordsより優しい気が...
あと、AxfordsよりRevancheのほうが同じ大きさのものでも重量が軽い気がしますね。

好みもあると思うのですが、アバラでお悩みの皆様は、是非一度Revancheコルセットをお試し頂きたいです。

オーバーバストコルセットのバストサイズについて



ちょっと色が暗くて見えにくいですが...
私の胸です。色気の無い写真ですみません。(ババシャツ着用)
C111愛用してますが、バストのところが、くしゃっ撃沈てなってるの分かりますか?
折曲がって、綺麗なラインが出ないんです。
上に着る服にも響いてしまう...
そして、もちろん裸で着たらバストトップはすぐに出ちゃいます。
万歳したらアンダーバストコルセットとあまり変わらない状況にくもり

Axfordsコルセットのオーバーバストコルセットって、一応A〜CカップまでOK、とか、
A〜DカップまでOKって決まってます。
でも、よく考えてみてください。
A〜Cの人、誰にでも同じコルセットでぴったり!っていくわけないんです。
ブラジャー選ぶときって、あんなに細かく計測して選ぶのに...
コルセットは、大体Cカップくらいのバストが入るくらいのカップで作ってあるから、
あとは後ろの紐の締め方でサイズを調節してね!って感じなんです。
隠せる程度にカバーするくらいで、バストを固定したり、寄せて上げて補正するっていう
パワーはほとんどありません。
ただ、浅いカップにバストがふわっとのっかってるかたちになるので、
バストが高い位置に置かれ、デコルテは綺麗に盛り上がるはずです。
(更にウエストは絞られ、実際バストも大きく見えます。)
なので、バストが綺麗に収まった人はラッキー!
コルセットのカップのかたちと、あなたのバストのかたちの相性がよかったのです。
モデルさんたちはみんな綺麗に納まってますね。
絶対Dカップより大きいですけどね。
美しいデコルテ、谷間が神々しいです!

ここまででわかるように、コルセットのバストサイズはとてもアバウトなサイズ付けです。
ブラジャーも、メーカーによって若干サイズがかわっちゃうことってありますよね?
バージスライン(バスト下部のまるい弧のライン)が幅広の方だと、
私みたいにくしゃってなることが多いです。
きっと助骨が広い方には多いと思うのです。

バストの補正力はブラジャーに勝りません。
バストケアに気をつけられる方、アウターへの影響を考慮される方は、
日常使いは迷わずアンダーバストコルセット+ブラ(orボディスーツ)をお勧めします。

でも、オーバーバストコルセットって、助骨の矯正にはホント効果的だと思います。
前側からの圧迫があまりなく(サラシのように締め付けたら苦しいですが)、
バストの真横から抑えてくれるので、アンダーバストコルセットよりも高い位置で助骨の矯正ができます。
なので私は寝るときや、見せて着るとき、アウターにあまり影響がない場合にはオーバーバストコルセット使ってます。

では、カップのかたちが合わないけど、やっぱりオーバーバストコルセットが着たい!という方(私も含め)は、どうしたらよいのでしょう?
全身で見たときに、オーバーバストコルセットのボディラインって、やっぱり綺麗なんです。とっても!

とりあえず、ブラは普通に着けてください。
その上からオーバーバストコルセットを。
くしゃっとなっちゃうのは...諦めてください。
実はHEADRAZORのモデルさんは、オーバーバストコルセットに見せブラです。
案外違和感ないですよ。こんな感じで。
シンプルなブラだったら、普通にストラップ付のコルセットみたいな雰囲気で着られます。
これなら少しくらいくしゃってても、気にならないです。
最近はブラのストラップも透明のものとか、チェーンになったものとか、
かわいいのがいっぱいあるので楽しいですね★

ちなみに、Versatilefashionsコルセットならオーダーメイドです。
Axfordsよりはお値段が張りますすが、ピッタリサイズなだけに、
着心地はとってもいいコルセットが仕上がってきます。
バストが大きくて、既製のオーバーバストコルセットが着られなかった方にも。
随時追加していきますので、お楽しみにご覧ください。

オーバーバストコルセットで、SEXYでCUTEなコーディネイトを楽しんでください!

オーバーバストコルセット?アンダーバストコルセット?その2

ウエストもくびれたいけど、助骨も狭くしたい!猫背を直したい!
これには、もちろん悩みの部分をカバーする長さがある
コルセットを選ばなければいけません。
長いコルセットよりは、短いコルセットの方がラクチンです。
これは当たり前といえば当たり前...
でも、これが座った姿勢となると??

結構みなさん、お話を聞いていると座り仕事の方が多いみたいですね。
私も椅子に座っていることが多いです。
Axfordsコルセットは、結構色んなスタイルを試しましたが、座りっぱなしで一番耐えやすいコルセット...
それは、意外にもオーバーバストコルセットです。

私は助骨がとっても広いので、かなりその効果を期待してコルセットを着け始めました。
アンダーバストぎりぎりまであるコルセットを選んで、がんばってました。
初コルセットは、そのラブリーなビジュアルに惹かれてC230を買いました。

正直、ツラかった〜!!きのこブルー

初めてのコルセットで、締める加減もつかめない上、c230はアンダーバストコルセットの中でも、
特に丈が長めで、しかも素材がクーティル!
このクーティルという素材は、とてもガッチリした着用感です。
サポートされてる!って実感します。
けど、かわいくって、着けている自分に自惚れ、がんばれました。
毎日着けるのが楽しみなんですね。
ちなみに、このクーティルのサポート感に魅了される方は多く、
クーティルじゃないとイヤ!っていうお客様も大勢みえます。
締め方が慣れればそうそうツライ思いをしなくても着られますよ。
1ヶ月ほどでフルクローズしそうになったので(まだしてないのに)、シンプルなのが欲しいな。と思ってC215、オーバーバストコルセットも試したい!と思ってC110を買いました。ワンサイズ落として...

C215はワンサイズ小さいのに、C230と比べてかなりラクチン。
やはり丈が短いということもあって、締めやすいんです。
あと、座っているときも、コルセットの上端がC230ほどアンダーバストギリギリまで来ないので、
「ウッ!」てなるのも無いです。
ただ、丈が短いのは上下のお肉はサポートされませんからね...
下腹とか、ブラとコルセットの間のお肉がプニってなることがあります。
ウエストを締めれば締めるほど...
締めやすいから締めちゃうんですけど、締めれば締めるほどお肉との段差ができますからね。
そこは、自力でシェイプアップするのみです。

そして、C110ですが、オーバーバストコルセットは胸まで長さがありますので、
バスクがアンダーに「ウッ!」ってなることがありません。
バストの部分はお肉も流動的ですから、わりと融通が利きます。
そして、丈が長いだけに、姿勢を正しているのもアンダーバストコルセットと比較して、
継続しやすいと思います。
補助されている感じですかね?
また、助骨の矯正に関してもオーバーバストコルセットだとバストの真横を抑えることができるので、
バストのサイドの骨格矯正にも効果的です。

そういう理由で、私的にはオーバーバストコルセットのほうがラクチンに感じました。
ちなみに、寝てるときもオーバーのほうが好みです。
コルセットのバストの部分って、サラシみたいにぎゅうぎゅうに締め付けられてるイメージが
あるかもしれませんが、実は軽くバストを”のっけてる”感じです。寝転がってもバストは泳いでる状態で、
苦しくないんですよ。(逆に言えば、あまりカバー力は強くないということです。)

◆◆助骨、猫背矯正まとめ◆◆

座った姿勢がツラくない順

C110 < C215 < C230
 ラクチン→ツライ

助骨、猫背矯正に効果的!

C215 < C230 < C110
     →効果的


* このブログに出てきた3つのコルセットを例にあげてますが、長さが同じくらいのほかのコルセットにもあてはまります。
* この感想はあくまで個人的な感想で、感じ方には個人差があります。

コルセットはどれでもウエストをくびれさせる効果は高いので、
それにオマケでくっついてくる効果って感じでお考え下さい。
助骨の矯正は、ウエストほど早い効果は目に見えません。

コルセットは、継続して着用することに大きな意味があります。
”長い時間着られる”ことを重要な条件と考えてください。


オーバーバストコルセットの、バストサイズに関してのご質問も多く頂きますので、
後日お話したいと思います。

オーバーバストコルセット?アンダーバストコルセット?

初ブログです。
ブログの仕組みとか、なーんにもわかっていないので、
少々不安に思っていますが...

主に新商品のご紹介と、よくいただくご質問内容について、
管理人自らの体験談を通してお伝えしていくことになると思います。

今回のテーマは
「オーバーバストコルセットvsアンダーバストコルセット」


初めてコルセットを選ぶときに、きっとここで迷いますよね?
私はいつも、選ぶときの優先順位として

?. お好きなデザイン
?. ウエスト以外も矯正したいか
?. お客様の身長など、体型と合うか

という部分でコルセットをお勧めしているのですが、それ以外にも、実際着てみないとわからないことっていっぱいあります。
たとえば、座ってる時間が長いと、実は丈が長めのアンダーバストコルセットよりは、いっそのことオーバーバストコルセットのほうがラクチンだった!だとか、きっと個人差がありますけど、一個人の意見に過ぎませんが、参考にして頂ければと思っています。

まず、一番気になる「くびれ」を創る能力
これはどのコルセットも十分な効果を発揮しますが、手間の面で、特に短い丈のもののほうが締めやすい、というのはあります。
ウエストって骨が無いので、締めようと思ったら結構ぐんぐん締まるんですよね。
なので、まずはくびれ創ってみよう!!という場合、たとえば、

◆ 骨格は華奢、痩せ型なのにくびれがない
◆ まずは多少減量してから助骨も締めたい
◆ あのスカート履きたいから、てっとりばやくウエストだけサイズダウンしたい

という方には、短めのアンダーバストコルセット(C215)はオススメです。
太めのベルト?的に毎日締めてくびれを創って下さい。
長さは約18cm(前側バスクの長さ)で、着脱も簡単なので、ファーストコルセットにはオススメです。
脱いだり着たりするのも、丈が短ければ短いほどラクチンになります。
この短いコルセットでまずはコルセットの威力を試してから、長めのものにチャレンジするとよいと思います。

注:減量効果というのは、おなかを締めていれば自然と食事量が減るケースが多く、結果的に減量に繋がることが多い、ということです。コルセットを付けていれさえすれば”痩せる”ということではありませんのでご理解ください。

C220のように上方向に長いタイプは、アンダーバストまで届きますので、助骨の矯正も進めます。
C229C230C235のように上にも下にも長いタイプは、かなりガッチリサポートされ、姿勢が伸びます。
上方向に長いタイプは、特に猫背の方には慣れるまでがツライかも...
(猫背じゃない方でも、椅子に座っている姿勢は結構制限されます。リラックスができない感じですね...)
何故なら、姿勢を崩す(前にかがんだり)と、アンダーバストの部分(コルセットの上端)が胸の骨にすごく圧力をかけてくるので痛いのです。
刺さる?という感じ?表現に困りますが、バスクがぎゅうって!
あんまりぎゅうぎゅうしてると、この部分が打った跡みたいにあざになったりするので注意です。
なので、いつでも姿勢をピンとしてないといけません。

そのかわり!しゃんと背筋を伸ばしてウエストがしっかりくびれ、サイドもしっかりサポートされたその姿は、フィットする服がとても着映えします。

<次回に続く>
1
pagetop